レクチャーハブ

新入生の方へ

最終更新日: 2021/04/17 15:55

お知らせ

  • (2021-04-17) Outlookなどで学番メールアドレスのメール送受信ができている場合, あらためてThunderbirdで設定をする必要はありません. ただし,情報基盤センターで推奨しサポートできるメールソフトはThunderbirdとなっています.
  • (2021-04-17) 最新のmacOS 11.x (Big Sur)については, 全学ライセンスのウイルス対策ソフトESET Endpoint Protection for macOSが正式対応していません. インストールは可能ですが複雑な手順が必要です. ウイルス対策ソフトがインストールできていない間は, 不審なファイルをダウンロード・実行しないなど十分に注意しつつパソコンを使用してください.
  • (2021-04-17) 3種類のメールアドレスを混同しないように注意してください(以下,2100000z を学籍番号とします).
    • 2100000z@stu.kobe-u.ac.jp が学番メールアドレスです. 第2回の情報基礎でThunderbirdを設定し,学番メールアドレスでのメール送受信が可能になります. また,大学からのお知らせなどもこのメールアドレスに届きます.
    • 2100000z@stu.kobe-u.jp (.acがない)はMicrosoft 365 (MS365)のログインに使うメールアドレスです. 現時点では,このメールアドレスでのメール送受信はできません.
    • 2100000z@gsuite.kobe-u.ac.jp (stuではなくgsuite)はGoogle Workspace (Google Classroomなど)の ログインに使うメールアドレスです. Gmailアプリを用いれば,このメールアドレスでのメール送受信が可能です. また,参加しているGoogle Classroomからのお知らせがこのメールアドレスに届くことがあります.

準備

  • パソコンの準備
  • ネットワーク機器の準備
    • 遠隔授業では動画の視聴や Web 会議への参加をした場合, 一回の授業で 500M バイト〜 1G バイト程度の通信量が予想されます. 自宅のインターネット回線に WiFi 接続するか, モバイルのみで通信する場合は,容量不足(いわゆるギガ不足)にならないように, 容量無制限の契約に変更することをお勧めします.
  • 情報基盤センター発行のアカウント
    • 入学ガイダンスなどで配布される予定です.
  • 遠隔授業セットアップガイド
    • 入学ガイダンスなどで配布された「遠隔授業セットアップガイド」の3--5ページを参照し, 大学内で全学用無線LANへ接続できることを確認してください (パソコンだけでなくスマートフォンからも接続可能です).
    • また,「うりぼーネット」および「BEEF」にログインできることを確認してください. うまくできない場合は,「情報基礎」第1回目の前半にK501, K502教室に出席し,サポートを受けてください (遠隔授業セットアップガイドの8ページ参照).
    • (2021-04-08) セットアップガイド6ページ目:ステップ3の次がステップ5になっている箇所をステップ4に修正
  • 以下は,遠隔授業をスムーズに受講するための最重要ポイントチェックシートです. 必ず受講前に確認しましょう.

関連情報

サポート窓口に関する情報は,以下のページに記載されています.

以下のWebサイトに学生向けの情報が掲示されます. 1日1回は確認するようにしてください.

また,受講している各授業の情報は以下に掲載されることがあります. こちらも,1日1回はログインして確認するようにしてください.

  • うりぼーネット
    • 掲示板に授業担当者からの連絡が掲載されることがあります.
  • BEEF
    • 各授業のページに授業担当者からの連絡が掲載されることがあります.

授業によってはGoogle Classroomなどを利用する場合があります. その場合は,授業担当者の指示にしたがって定期的にそれぞれの情報を確認するようにしてください.

利用するシステム

以下では,遠隔授業に利用するそれぞれのシステムについて簡単に説明します.

また,本ページの内容と重複する部分もありますが,情報基盤センターの以下のページもご覧ください.

【必須】うりぼーネット

うりぼーネットは 神戸大学の教務情報システムです.

  • シラバスの確認
  • 履修登録・履修確認・履修の抽選登録
  • 成績の確認
  • アンケートへの回答
  • 掲示板の確認
    • 授業担当者からの連絡があれば掲載されます.

利用には情報基盤センターのアカウントでのログインが必要です.

マニュアルなど

【必須】BEEF

BEEFは 神戸大学の学習支援システム (Learning Management System; LMS)です. 他大学でも広く利用されているMoodleを用いています.

  • 授業担当者との間の連絡
  • 授業の資料の閲覧
  • 小テスト・課題の提出

利用には情報基盤センターのアカウントでのログインが必要です.

  • 多くの授業はBEEFを用いて行われますが,すべてではありません.
  • うりぼーネットで履修登録を行った翌日になれば,BEEF上でその科目が表示されます.
    • ただし,教員が「コース可視性」を「非表示」にしている場合には表示されません.
    • 授業の前々日までに履修登録を行い, 授業の前日には科目の内容や指示をBEEFで確認するようにしてください.
  • 「自己登録」をするように指示がある科目は,指示にしたがって自己登録を行ってください.
  • アクセスが集中している場合,BEEFにつながりにくくなることがあります. そのような場合は,時間をおいて再度アクセスしてください.

マニュアルなど

【必須】メール

利用には情報基盤センターのアカウントが必要です.

メールソフトであるThunderbirdのインストールと設定は,入学後に情報基礎の第2回目の授業で行います. それまでにメールソフトを設定する必要はありません.

メールが読めるようになったら,1日1回はメールを確認するようにしてください.

また,大学のメールアドレス宛のメールを自分個人のメールアドレスに転送することもできます.

【必須】Microsoft 365 Apps (Office)

Microsoft 365は Microsoft社が有償で提供し神戸大学が契約しているサービスです.

  • Office 365
    • Word, Excel, PowerPoint

情報基盤センターが登録したアカウントで利用できます. インストール方法については下記の最初の設定を参照してください.

なお,パソコンにすでにWord, Excel, PowerPointがインストールされている場合には,利用する必要はありません.

また,代替手段としてGoogleドキュメントも利用できます.

オンラインストレージ (netdisk)

netdiskは 神戸大学のオンラインストレージです.

  • URLとパスワードを知っている人とのファイル共有
  • 指定した神戸大学のアカウント所持者とのファイル共有

利用には情報基盤センターのアカウントでのログインが必要です.

マニュアルなど

Google Workspace for Education

Google Workspace for Educationは Google社が無償で提供し神戸大学が契約しているサービスです.

授業でGoogle Workspace for Educationを用いる場合に利用してください.

情報基盤センターが登録したアカウントで利用できます. ログイン方法および利用方法については下記のマニュアルを参照してください.

なお新入生のGoogle Workspaceアカウント登録作業を4月8日に行う予定ですので,4月9日以降に利用してください.

マニュアルなど

Zoom

ZoomはZoom社が提供しているビデオ会議システムです.

授業でZoomを用いる場合に利用してください.

マニュアルなど

最初の設定

以下で最初にパソコンにインストールするソフトウェアなどを紹介します.

注意事項

  • ソフトウェアのインストールはトラブルが発生しがちです. 時間に十分余裕があるときに行いましょう. また,作業手順に不安があるなら下記のサポート窓口に相談できる時間帯にしましょう.
  • サポート窓口
    • Microsoft Officeに関する質問は, サポート窓口の説明中に記載されている神戸大学生活協同組合の連絡先に相談してください.

Windowsの方

  • Adobe Acrobat Reader DC
  • Microsoft 365 Apps (Office)
  • Windows Defender

をインストールあるいは有効にしてください.

Adobe Acrobat Reader DC

以下のインストールマニュアルにしたがい,Adobeサイトからソフトウェアをダウンロードしてインストールしてください. なお,Adobe Acrobat Reader DCはPDFファイルにデータを入力する場合に必要です.

Microsoft 365 Apps (Office)

下記ページを参照し,4月23日頃までに各自でインストールしてください.

Windows Defender

アンチウイルスソフトがインストールされていない場合は,Windows Defenderを有効にしてください.

macOSの方

  • Adobe Acrobat Reader DC
  • Microsoft 365 Apps (Office)
  • ESET Endpoint Protection for Mac (アンチウイルスソフトがインストールされていない場合)

をインストールしてください.

Adobe Acrobat Reader DC

以下のインストールマニュアルにしたがい,Adobeサイトからソフトウェアをダウンロードしてインストールしてください. なお,Adobe Acrobat Reader DCはPDFファイルにデータを入力する場合に必要です.

Microsoft 365 Apps (Office)

下記ページを参照し,4月23日頃までに各自でインストールしてください.

ESET Endpoint Protection for Mac

自分のMacにアンチウイルスソフトがインストールされていない場合は,以下のページを参照してESET Endpoint Protection for Macをインストールしてください.

注意事項
  • 全学ソフトウェアダウンロードシステムは,認証WebプロキシやVPN経由でないと,学外からは接続できません.
  • 認証WebプロキシやVPN接続で用いるネットワークIDとネットワークID用パスワードは 「アカウント通知書」に記載されています. 初期設定では,うりぼーネットやBEEFにログインするときに利用するものと同一です.
  • 自宅からだとうまくダウンロードできない場合は, 大学キャンパスに来れるようになってから行ってください.