レクチャーハブ

[BEEF]システムの利用方法(教員用)

最終更新日: 2021/03/24 01:46

LMS BEEF に掲載している「システムの利用方法(教員用)」です(2020年8月4日版 抜粋)

教員の方へ

  • 神戸大学LMS BEEF 2020 は,本学の2020年度の授業科目をコースとして登録した学修支援システムです.

  • 授業資料の配布,小テストやアンケートなどの作成実施,レポート等の提出管理が行えます.

  • 2015年度以降入学の全学部生は,「情報基礎」でBEEFの利用方法を概ね習得しています.

授業科目のコースについて

  • 主担当・副担当教員として「うりぼーネット」に登録されているすべての授業科目がコースとしてマイコースに表示されます.コースでの役割(ロール)は「教師」となります.

  • ただし,コースに登録されるには,「うりぼーネット」に神戸大学アカウント番号が登録されていることが必要です.

  • 「うりぼーネット」に主担当・副担当教員として登録されているにもかかわらず,BEEFホーム画面のマイコースが表示されない場合,またはマイコースに担当の授業が表示されない場合は,所属部局の教務担当係へお問い合わせください.

学生の登録について

  • 学生(履修学生)「うりぼーネット」で履修登録した授業科目のコースに自動的に「学生」ロールとして登録されます.履修登録期間内であっても履修登録した翌日に利用可能になります.

  • 登録期間中に履修登録を取りやめた場合および履修取消期間に取消をした場合,学生は「利用停止」と なります(コースから削除はされません).

  • 履修登録しない学生等をコースに参加させる場合は,教員がコースに直接学生を登録するか,自己登録の設定を行なって学生に自己登録させることができます.詳しくは,マニュアルを参照ください.

  • 教務事務システムとBEEFのデータ連携は,毎日3:00から7:00の間に行なっております.例えば,学生が履修登録した翌日より授業科目のコースを利用できるようになります.

うりぼーネット登録用CSV ダウンロードについて

  • BEEF のコース単位で作成された各成績を教務システムWeb 機能「うりぼーネット」に取り込むための成績登録データ作成機能です.

  • 教務システムWeb 機能「うりぼーネット」への成績登録(成績登録データの取り込み)は,教務情報システム「うりぼーネット」利用の手引き(教員)用「10-2.成績をCSVファイルで登録」を参照してください.

    • ※【作成された成績登録データの取り込み】④から実行します.

    • この機能でダウンロードしたCSV ファイルのフォーマットを変更しない限り,「うりぼーネット」からダウンロードした履修者ファイルと同じ様式になっています.

注意事項

  • 水曜日の19:00から21:00はBEEFシステムのメンテナンス等により利用できない場合があります.レポート提出などの締め切り設定にこの時間帯を避けていただきますようお願いいたします.

  • 多数のユーザが一斉にログインすると,動作が遅くなる可能性があります.授業でBEEFを使用する場合は,何人かずつに分けてログインしていただきますようお願いいたします.

マニュアル

BEEF上のマニュアル類

以下のマニュアル類にアクセスするには,BEEFへのログインが必要です.